初オザケンだったのさ。

2012.03.30 Friday

ついに!というか一度は見てみたいと思っていたオザケンさんのライブに行ってきました。

私のオザケンさんに関する思いは以前このブログにも書きましたが、
今日の期待は「天使たちのシーン」を生で聞くこと。

東京オペラシティというクラシックのコンサートの会場です。
普段じゃ絶対行かないところなので、それも楽しみ。

4ストリングス+オザケンギター+ベース、コーラス(真城さん)あとメトロノーム。

「とき」を刻むメトロノームが大切なキーワードだったみたいです。
カチコチカチコチ、たくさん鳴っていました。

CDとは全く違うアレンジで、私はこのあたたかみのあるライブセットの方が好きでした。

そして、みんなと一緒に歌ったり、手をたたいたり、キャンプファイアーの火を囲んでるような
そんな感じです。
 (残念ながら私は歌詞がぜんぜんわからないんだけど・・)
 (「女の子〜!(←だけ歌う)」とか言われると少し罪悪感があるんだけど・・)
オザケンは一番年長のリーダーで、ギターを弾いてみんなを楽しませる係。

途中、エッセイの読み聞かせもあったりして、青年会の集会に参加したような気がしました。笑

なんかほっこりしていい感じのライブでした。(3時間半!)

追伸:
・ゲストで登場したチャットモンチーのVoの子のかわいさが半端なかった。(声とか雰囲気)
 チャットモンチー版「今夜はブギーバック」、萌え。

・オザケンひとり版「今夜はブギーバック」もいいね!BOSEとアニの分までがんばってた。

・肝心の「天使たちのシーン」、メロディラインがすっかり変えられててショック。
 CDのままのが聞きたかったのにぃ〜(> <)

hihumiyo.JPG

舞台のアートワークもかわいいし、女子にはたまらないね。


remix

2011.05.14 Saturday

今週はよく食べてよく飲みました。

反動で今日はひきこもり。
BGMは
Hiroshi Fujiwara & K.U.D.O presents
"MICHAEL JACKSON JACKSON5 REMIXES"
と、初回のオマケ、DUB MIX。

のんきです。

mjremix.jpg

a Ray of hope for you

2010.05.15 Saturday
 山下達郎さんの「希望という名の光」っていう曲、
すごくいい歌ですね。
先が見えなくて苦しいときに聴いたらすごく励まされると思います。

若い人の歌もいいけれど、
達郎さんくらい人生の先輩から励まされるほうが説得力があるなぁと。

珍しくシングルCDを買っちゃいました。
おまけで「お宝くじ」が入ってました。
ちっちゃいくじがカワイイです。
いいもの当たるといいなー。



毛タワ

2010.04.25 Sunday
皮のマリーズのNewアルバムを買った(予約で!)ので、
タワレコでごほうびライブを見てきました。

メジャーデビューと言うことで良くも悪くもなんか違和感あるんですが、
今回のアルバムはキャンプファイアーを囲みながらみんなで歌う感じの
ハッピー感あふれるアルバムでした。

ライブで聴いたほうがずっとずっとィイーネ!
シンプルにドカッッッと曲を感じれる気がします。

せっぱ詰まったギリギリーボーイのガチャガチャした曲も好きなので、
そういうのも聴けるライブには、しばらく通う気まんまんです。

今日のも楽しかった!


♪ラン・ラン・モリー♪
♪ラン・ラン・モリー♪
って曲が一度きくと頭から離れない〜








さよならキャロライン

2010.04.08 Thursday
 最近は、なんだか古い音楽にぐっときます。

  
Colin Blunstone "One Year", 1971

このアルバムの "Caroline Goodbye" という曲が、もう泣いちゃう!

   ごまかしたって無駄だよ
   君の愛は終わっているってずっと前からわかっていたんだ
   さよならキャロライン
    (意訳 by わたし)

自分で区切りをつける決意が切ないんです(泣)

改めて歌詞を見て心がしびれました。

Caroline〜は、バンド+ストリングス(arr. トニー・ヴィスコンティ)の透明できれいなアレンジ。
アルバムの他の曲は室内管弦楽団をバックに歌っているような曲あり、
ポップで楽しい曲ありのナイスなアルバムです。
(全体的には草食系かしらね?)

カバーカバーカバー

2010.03.17 Wednesday
"Dancing in the moonlight" って曲をご存知ですか?

私はずいぶん昔のフジロックでToploaderというイギリスのバンドが歌っているのを聴いて、「なんてハッピーでゴキゲン(←古い?)な曲なんでしょう!」
と感動してCDを買いました。↓

タワレコで買ったらくじ引きでToploadar Tシャツとエコバックも当たったです。

その後、すごく好きな曲にリストアップしていたのですが、恥ずかしいことに
てっきり彼らのオリジナルかと思ってました。
後に King Harvestという、70年代モータウン系のバンドのソウルな1曲だと
知ったんですが、彼らはこの1曲のみの一発屋さんと知って、CDは買っておらず。
(この度iTunesで購入。)
←絶対ジャケ買いはないね。

そして先日ラジオからまた"Dancing in the moonlight" が。
Toploaderかな?と思ったけどなんか違う。。
大橋トリオさんでした。↓(のっさんじゃないよ)

洋邦問わずのカバー曲アルバムなんですが、ポップでやさしくていいです。
「贈る言葉」なんて、鉄矢感ゼロで、すごく心にしみわたります。
こんないい曲だったんだ~って思います。
(オリジナルはどうしても学校のイメージだからね)

他にもJason Mrazの「I'm Yours」も、もともと素敵なのにどうするの?と
と思いましたが、これも原曲とは全然違ってしっとり系のいい感じ。
その他宇多田ヒカル、マイケル・ジャクソン、クランベリーズなどなど、
どれも好きです。

大橋さんにハマりました。

おじゃけん

2010.02.23 Tuesday
 さいきん復活したオザケンさん。

私はフリッパーズ後は小山田派だったのでしっかり聴いてはいなかったんですが、
(あと、あのホニャホニャ感が苦手で)、
先日ラジオから流れてきた「天使たちのシーン」を聴いて
たまらなく懐かしい気持ちになりました。

なんでこの曲だけ心に残っているのか記憶に無いのですが、
とりあえずもう一回聴きたかったので、さっそく生き字引きMDRさんに発注。
取り寄せました。

やっぱり「天使たちのシーン」しか聴き覚えがない。。。

けどやっぱりいい曲だな〜。やさしいね。詞も音も。

   ♪君やボクをつないでる ゆるやかな止まらないルール♪

って、なんか「ある」と思います。(←詩吟の人じゃないよ!)

13分半もあるのだけど、それがなんか"人生"っぽい気がします。


犬は咆えるがキャラバンは進む。

ビュ〜ティフルに〜♪

2010.01.20 Wednesday
平成22年も20日が過ぎ、今年初ライブ!

しかも100組様ご招待のJ-WAVEのイベントに当選!

しかもしかも「毛皮のマリーズ」が見れる!やったぁ!





「恋は叶わないこともあるけど、夢はあきらめなければ必ず叶う」
                                (by 誰かのコトバ)

とか、

「ボクの力でここにいる人たちみんなを少しでも幸せに出来ますように」

とか、

シラフで聞いたら、ちょっとどうかな〜と思ってしまうMCも
今日はナゼだか素直にキュンとしちゃったりして、完全に骨、抜かれてます。

あ〜今日のライブは、なんかすごい「イイ」感じで、楽しかった〜。

シマくんもずっと大好きな音楽を続けていって
たくさんの人に曲を聴いてもらえたらいいよね、と、
母のような気持ちになってしまった渋谷の夜でありました。

七夕の日

2009.07.07 Tuesday
といっても、べつに笹の葉に願いを託したりはしなかったんですが、
スペシャのライブに行きました。

お目あてはもちろん『毛皮のマリーズ』ちゃん。
あと、もうすぐ公開の映画「色即ぜねれいしょん」(みうらじゅん先生原作・田口トモロヲさん監督、くるりも出るよ)で
主演をつとめる男の子のバンド、『黒猫チェルシー』が見たくて。

毛皮ズちゃんはトリだろうからと、仕事を終えてからのんきに行っところ、
ただでさえ入りずらいSHIBUYA O-nestのドア(ライブフロアの方)付近は
飽和状態の通勤ラッシュ井の頭線状態! 
しまった!出遅れた!?
アタマから全力で行かなければダメでしたかぁ〜冷や汗
と思いきや、1番目のバンドが終わったら難なく前方へもぐりこめました。

『黒猫チェルシー』は、出てくるなりお客さんにバナナの皮を投げてました。
「ゴミはゴミ箱に!」
と、つい注意を促したくなってしまい、自分自身のオトナ度を実感しました。


いろいろあって最後はお待ちかねの『毛皮のマリーズ』。

あぁやっぱ突き抜けてる!

なんかね、立ち止まってモタモタしてちゃもったいないって気になるんです。
毛皮ズちゃんをみると。
それはきっと最後に「ジャーニー」という曲をやるからだと思うのですが。
興味あったらどこかで聴いてみてください。
日々のモヤモヤ解消な感じで。


次回のワンマンはソールドアウトで行けズ。残念無念。
その次のクアトロのイベントには行ってきます!


そういえば、今回のチケット、なぜか整理番号3番!
たぶん人生において一番早い番号だと思う!




くるりんぱ

2009.06.23 Tuesday
今日はzepp tokyoでくるりのライブ。

なにげにワンマンで見るのは初めてだったりして。

なんだか良いです。くるりって。

淡々と熱い感じが。

今日はステージで歌っている岸田くんの姿があんまり見えなかったので
じっくりオトを聴いていたのですが、
ふと、佐藤くん(bass)のコーラスがイーネ!ってことに気づきました。

あと3ピースのバンド(くるりは2人だけど)を見るといつも思うんですが、
必要最低限の人数でしっかり感動を届けられるところってイーネ!
てゆうかスゴイーネ!って
また思っちゃいました。

好きな曲がいろいろ聴けて嬉しかったんですが、
好きなくせに実はタイトルがわかってなかったりして、
帰り道にMDRさんとHoney Apple (iPod)で一生懸命答え合わせをしました。

でも結構、「あのアルバムの何曲目」的な覚え方をしてる曲の方が
多いような気がします。くるりに限らず。。。


「つら〜いことばかりだね♪」って曲が好き。

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Recent Comment
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM